和菓子青野

創業安政3年、職人が変わらぬ味を届ける「和菓子青野」

和菓子青野の創業は安政3年、長き歴史を持っている和菓子のお店です。
創業以来、東京六本木の裏手にある工場において、職人さんが昔と変わることなく、一つ一つ丁寧に作り上げる和菓子は、心のこもった昔ながらの味として、御贈答などによく利用されています。
1店舗で生業を・・・という事に拘り、伝統の味を大切に伝承してきた和菓子青野は、商品に対するこだわり、材料に対するこだわりを持って日々、おいしいお菓子をお客様に届けています。

和菓子青野の豆へのこだわり

小豆など和菓子に利用する豆、これは国産の中でも最高級といわれる北海道産を厳選して利用しています。
色、大きさ、何事にも妥協鵜を許さず、沢山の種類の豆の中でも小豆の用とに応じ、使い分けるという拘りようです。

赤い小豆だけでも、なんと5種類も使い分けているのです。
抹茶ぷるんという和菓子青野の人気商品には、大粒で食べごたえがあり小豆の味がしっかりとしている風味豊かな白小豆を利用するなど、商品によって妥協することなく材料に拘っているのです。

さっぱりとおいしい餡

和菓子青野の餡子はおいしいとよく聞きます。
餡は和菓子のかなめとなるもの、だから和菓子青野では、餡づくりに妥協しません。
自家製餡を用途に応じて作り分けているのです。
和菓子だからといって同じ餡を利用するということなく、商品によって作り分けているから、その絶妙なマッチングが私たちの舌をうならせるのです。

鶯餅に利用する餡子は特選雅の小豆を利用します。
じっくりと煮込んていてもさっぱりとしたこしあんは鶯餅に最適です。
小豆の種類、お砂糖の種類、さらに水あめなどを利用しながらおいしいこしあんを10種類以上使い分けるというのですから、和菓子青野の和菓子がおいしいのもわかります。

和三盆糖にも強いこだわりを持っています

和菓子の餡の味を決めるのは和三盆といわれるくらいです。
和三盆は研槽というお盆の上で三回磨くためことからそう呼ばれており、現在も讃岐で作られるサトウキビを利用し、手作りされている最高級砂糖です。

ミネラルを多く含み、香り豊かでつやを出します。
この極上の和三盆を利用して作られたお菓子は、最高の香りと後口のよさを誇ります。
この讃岐の手作り和三盆のほかにも、沖縄県産の深い味わいのある黒砂糖、甘さがすっきりしている白双糖など、用途に応じてそのお菓子にあっている砂糖を厳選して利用しているのです。

妥協がないからおいしすぎるお菓子ができる

このほか、はちみつや米、求肥などにもこだわりを持って作っている和菓子青野のお菓子は、最高です。
北海道産のきな粉をたっぷり利用した味わいがさっぱりといくつでも食べられそうな鶯餅、沖の石と呼ばれる一口サイズの甘味、刻んだ栗と白あんで作られた風味豊かな子持ち栗、最近はハート形の手焼きどら焼きなども引菓子などに人気です。