末富

京都の老舗の和菓子店末富の特徴

大量生産ではなく、昔ながらの心こもった手作業による製造を心がけている末富では、昔からの方法にこだわりを持っており、繊細な見た目と味わいが感じられる商品を多く提供しています。
京菓子の魅力としては単に味だけではなく、目で味わえる美しい見た目や色彩にこだわりを見せているという点が挙げられます。
京菓子の老舗水富も同様に、味だけではなく、色彩でも楽しんでもらえるような製造を行っており、夢と楽しさを京菓子を通して感じることができるようになっています。

末富では昔からの味の商品を多く取り扱っていますが、定番商品と生菓子を中心に販売をしています。
日常使いにぴったりなお菓子、またおもてなしや贈答にも合う商品がそろっているので、常にいろんな場面で活用していくことが可能です。

味と見た目の両方にこだわる末富の商品

末富の定番のお菓子の中でユニークな商品として野菜煎餅が挙げられます。
この商品はかわいい見た目をしていますが、原料としてゴボウやレンコンといった野菜を使用しており、野菜の滋味を感じさせる味わいが特徴的です。
またみそと山椒も使用されており、木の芽の香ばしい香りとみそのコクもしっかりと感じられ、すべての原材料の味が絶妙に調和しています。
全国的にも珍しい野菜を使用した煎餅ですが、野菜が苦手な方でもおいしく召し上がることができることでしょう。

末富の定番お菓子の中で軽やかな味と見た目がとても素敵な商品があり、うすべにと呼ばれています。
軽やかで薄い麩焼き煎餅の間には、甘みの感じられる梅肉を挟んでいます。
ほんのりとした梅肉の香りが感じられ、適度な塩味もアクセントとなっています。
梅のほんのりとした香りが好きな方には特に喜ばれること間違いなしの商品です。

末富では昔ながらの日本の伝統の食材を使用した生菓子を製造しており、季節ごとにいろんな色彩と味わいの商品が提供されています。
季節感を感じ、またその季節にピッタリ合った雰囲気をしているので、大切な方へのお茶請けとしてもぴったりです。
また京菓子ならではの繊細な味わいは優しい気分に浸れることでしょう。

京都にある京菓子の末富の店舗案内

日本の伝統的な家屋が多く立ち並ぶ素敵な京都の街にある和菓子の老舗末富ですが、昔ながらの落ち着いた雰囲気を感じさせる外観と清潔感が感じられる店内はとてもゆったりとした時間が流れているような空間となっています。
お店の場所は京都市下京区松原通室町東入となっており、営業時間は9時から17時までです。
定休日は日曜日と休日のため、観光で来られる方はこの点を注意しておくといいでしょう。
伝統的な京菓子を是非末富でご購入してみてはいかがでしょうか。