和服専門店

着物

日本文化の象徴とも言える和服

日本の美しさを伝えるものはたくさんあります。
伝統的な日本家屋や工芸品、日本料理、匠の技によって作られる品々などです。
その中において一際華やかな雰囲気を放っているのが着物でしょう。

世界中でも日本の着物の素晴らしさは認識されていて、「キモノ」という言葉がそのまま、日本のいわゆる伝統衣装として知られています。
しかし、当の日本では、洋服文化に押されてしまい、和服を着る機会は滅多になくなってしまいました。

しかし、卒業式や成人式、結婚式など晴れの舞台では、着物を着る人も多く、今なお日本人にとっては和服が特別な衣装であることを示しています。
しかも、若者たちも着物を喜んできている様子が見られ、日本人の心に深くその美しさが認識されていることが分かります。

着物を仕立ててみる

日本人ならやはり着物の1着は持っていたいものです。
しかし、着物を仕立てるとなると、時間もお金もかかるイメージがあります。
しかし、今では多くのお店で、インターネットで寸法を送ると仕立ててくれるサービスを行っているところもあり、気軽にできるようになっているのです。
その1つが、和服の社で、着物の仕立てはもちろん、直しやクリーニングなどもインターネットを通じて受け付けています。

また、和服さくらでは、着物の仕立てや直し、クリーニングなどの他に、着付け教室を開いたり、定期的に着物を着て出かけるイベントを開催したりと、着物を着る機会を増やそうと努力しています。

着物のレンタルや、和式結婚式などのスタイルも登場

着物をより気軽に着てもらえるようにと、和服のレンタルビジネスも広がっています。
たとえば、晴れ着の丸昌 振袖美人では、インターネットで着物の柄や種類を選ぶと、自宅まで宅配してくれるサービスを展開しています。
まったく着物に必要な小物を持っていなくても、全部セットで貸してくれますし、着付けの準備が十分できるよう、ある程度長い期間でレンタルしてくれるなど、お客さん目線のサービスをしているのが特徴です。

また、正統派の和風結婚式が見直されているということを背景に、和婚スタイルでは、神前式を執り行えるたくさんの神社を紹介しています。
また、美しい着物のレンタルや、結婚式、披露宴のトータルプランを行っているのが特徴です。

さらに、京都の街並みを観光する際に、よりその魅力を味わえるように、着物も貸し出し散策できるようにしているのが、染匠きたむらです。
着物を製作してきた歴史があるお店で、プロの目からぴったりの着物を選んでくれ、着付けをしてくれます。
手軽な値段で着物を1日楽しめるので、京都でのよい思い出を作るのにぴったりのサービスです。