和服さくら

着物を着る機会が減っている今だからこそ

洋服が普段に着る装いとなった現代、着物を着る機会は圧倒的に減ってしまいました。
しかし、日本人なら和服の美しさに特別な思いがありますし、晴れの場では着物を着たいという人も多くいます。
また、機会さえあれば和服を着て、どこかに出かけてみたいという願望も持っているものです。

確かに、和服は普段の手入れも楽ではありませんし、着るのも一苦労です。
しかし、そうした苦労をかけるだけの、美しさや凜とした雰囲気を与えてくれる装いですので、その価値を見直し積極的に和服を着るのも良いでしょう。

そうした思いに応えるために、いろいろな呉服店がアイディアを凝らし、和服の魅力を伝え、より多くのシーンで着物を着るように促しています。

和服で笑顔を作る

そんな中、茨城県守谷市にある和服さくらでは、和服を着ることで、女性の笑顔をもっと増やそうという心のもと、着物に関する様々なサービスを提供しています。

それぞれの季節にぴったり合う柄、素材の反物を用意し、美しい着物の仕立てを行っています。
お客さんの要望を大事にして、好みに合う反物を探し、満足のいく着物を作ることを心がけています。
もちろん、こうした高級な着物だけを作っているだけでなく、気軽に着られるリーズナブルな浴衣なども製作していますので、どんな方も気軽に利用できるお店となっています。

インターネットでもいくつかのサンプルを見ることができますが、やはり実際に目で見て手にとって見ると、その良さが認識できるものです。
店頭においては、たくさんの種類の生地を見ることができますので、お店まで足を運んでみるのがベストでしょう。

また、着物につきものの草履や巾着などの小物のバリエーションも豊かです。
昔ながらの伝統的な品もありますし、ビーズなどを使った同店オリジナルのかわいらしい品もあります。
こうした選択肢の広さが、この和服さくらの魅力でしょう。

いろいろなサービスを展開している

こちらの和服さくらでは、着物の仕立てだけに留まらず、いろいろなサービスを提供しています。着物の直しやクリーニングはもちろんのこと、着付け教室も開催しています。
地元だけでなく、遠くからも通う生徒がいるほどで、しっかりとした基礎とともに、毎日の生活でも着こなせるような丁寧な指導がなされています。

また、定期的にイベントを開催していて、着物を着る機会を増やそうという運動をしています。
和服は着たいと思っても、なかなか機会がないものですから、着物を着てお花見をするなどのお出かけツアーを頻繁に開催しています。
このように、着物を通して女性に笑顔を創ろうという和服さくらの試みがなされているのです。