和服の社

和服の社
画像引用:和服の杜

心を込めて縫い上げる着物の仕立て

現代の日本では、めっきり着物を着る機会が減ってしまいました。
それでも、結婚式や特別な祝い事など、様々なシーンで和服を使用することがあります。
せっかくの機会ですし、着物を着るということは華やかな場が多いですので、しっかりとした着物を着用したいものです。

着物を購入するのであれば、やはり自分に合わせて仕立ててもらうのが一番です。
とは言っても、着物を仕立てるとなると、高い値段がかかってしまう、長い間納期まで待たなくてはならないというイメージがあるかもしれません。
しかし、最近ではインターネット上で寸法や仕立ての種類を上げると、早い納期で、しかも割安の値段で行ってくれるところも増えています。

仕立てが便利にできる高級呉服店

その1つが、和服の社という高級呉服店です。
伝統ある着物仕立ての技術を継承する職人を抱え、質の高い着物を製作しています。
一針ごとに心を込め、人生を晴れやかにする着物を大事に作ろうという気概にあふれたお店で、常にお客さんのことを考えた心遣いを示しています。

そんな高級呉服を提供しているお店ですが、時代のニーズに応えるべく、インターネット上での注文を受け付けています。

(参考記事)
和服の杜

自分で測って記入するだけの簡単な採寸表がありますので、それを送ると早い納期でしっかりと仕上げてくれます。
料金もとても明快なもので、和服の種類や工程によってすぐに分かる料金表を公開しています。
また、和服に必要な帯の仕立ても併せて行っていますので、セットで頼んでみるのも良いでしょう。

着物の直しや洗いもしてくれる

和服の杜では、着物の仕立てだけでなく、直しや洗いも手がけています。
母親から継いだ着物などを直したいという時に活用できるでしょう。
基本的に和服は、直しができるように余裕を持って作られていますので、よほど大きな変更がない限り、それぞれに合った寸法に直せます。

素人だと、どこをどのように直したら良いか分からないことも多いですので、着物を見た上でプロの目からアドバイスを与えてくれるのもうれしいところです。
気軽に相談できる体制もこの和服の杜の魅力でしょう。

そして、長年使っていると、シミや汚れなどが着物にも出てきてしまいます。
和服の手入れは簡単ではありませんし、やり方を間違えると着物を台無しにしてしまうこともあります。
その点、和服の杜では直しを専門に行う職人がいますので、安心して任せることができるでしょう。

プロの手によってよみがえった着物が返って来た時には、ちょっとした感動を味わえますし、また新鮮な気持ちでその着物を着られるようになります。
汚れで着るのを諦めていたものがあるなら、一度相談してみることをお勧めします。